あさひ幼稚園にて写真講習会。

今日は三田市にある「あさひ幼稚園」の父母会主催の写真講習で講師を勉めて参りました。

0002

実は幼稚園に呼んでいただくのは初めて。
こちらの幼稚園には25名の方がお集りいただきました。

このようにですね、マイクとお茶とコップとか用意してもらって。

0001

25名で写真講習ですから、ただ私が写真のことをお話するだけでなく、皆さんのカメラでもって説明しなければいけないわけです。
みんな同じカメラではないわけですね。

これも初めての試みでした。

10組30名というのはあったんですが、それはカメラが10台の話で。

今日は25台ですから。

でも、幼稚園の父母会や幼稚園の先生、保育園の先生にも講座をしたいな〜と思っていたので、今回は思い切って伺いました。

なんでもやってみなければ!

しかし、前夜はあまり眠れません。
どうなるんだろうな〜と思うと眠れない体質なんです。

今朝は車で行きまして、
到着すると父母会会長さまが表に立ってお出迎え。VIPです。

「控え室はこちらです」などおっしゃっていただきましたが、控え室で控えることもないので「いえいえ、そんなのいいですよ」なんて言ったりしまして。

会場に入ると、このお話をと、始めにメールをくださった副園長先生が近づいて来られて

「写真講座をしたいという父母会の意向があって、講師を色々とインターネットでもって探したときに、子どもの写真が圧倒的いい!と思ったカメラマンが、増田さんだったので、絶対お願いしたいと思いました!」と
言っていただきまして…

いや〜もう、トリハダですわ。ザワザワ〜ですよ。

「もう一回言ってください。録音しますから…」と言いそうになりました。
しかも副園長先生、若くて男前。「録画」の方がいいな…ってくらい嬉しかったです。

三田にはあまりご縁がなく、これまでアウトレットくらいしか行ったことないのに、
私を見つけてくださって、メールをくださって、お金を払ってでも話を聞きたいって言ってくださったんです。

そして、あんまり天気もよくないのに、9時半に25名の方が集まってくださったんです。

開始前、皆さんカメラを持ちながらとても和気あいあいとお話されていましてね。
それをみて、うちは子ども二人保育園で育っているので、
幼稚園のママさんはみんな仲良しだな〜ってすごい思ったんですよ。

もちろん、あんまりお話されない、私みたいな人もいるんだと思いますが。
とにかく、開始まで和やかに談笑されてまして。

私なんかはPC用意して、カメラだして、お茶だして、写真並べたらやることなくなって、ぽーっと外眺めたりしてました。

それでご紹介を受けまして、講習を始めたわけですが、
何を言っても皆さんものすごく笑ってくださる。

「え?私そんなに面白かったかな〜?」
「あれ。私、ウケてる?盛り上がってる?」
となんか結構、普通に言っているのに、笑ってもらうつもりでなくても、笑いが起こるので面白いのかな〜と勘違いしながらもびっくりしました。

もちろん、2時間、25名の方に、最後まで興味を持って聞いていただきたいと思っていたので、今日は面白くしないとな〜という想いは強かったんです。

それで座席なんかも工夫してもらって、各メーカーごとに座っていただきました。
だから座席指定なわけで、必ず中が良い人と座っているわけではないはずなんです。

けど、なんでしょね?なんかお話を聞いていただきやすい環境というかとても有り難い状態でした。

0001 (1)

これは3つの撮影ポイントをお伝えして、皆さんに実践していただいているところ。

最後に素敵な構図で撮れた方の写真を皆で共有して、運動会のポイントも説明して
たくさん拍手してもらって、終わりました。

 

で、帰りに運転しながら、気づいたんです。
なんでみんなあんなに笑ったり、反応がよかったのか?

それは、皆さんの和がすでに完成されているからだって。
いい仲間であり、父母会としてのまとまりがある中に、ポイッと私がはいっただけで、
雰囲気がいい幼稚園でお話をさせてもらったんだな〜と。

お友達同士だから、大声で笑ったりできるんですね。
笑い声がまた笑い声を生むってことだんですね。

そりゃ隣の人が知らない人だったら、いきなり大笑いできませんもんね。

私が面白いからじゃないんですね…

そんな素敵な幼稚園にお招きいただいて、120分。皆さん真剣に聞いてくださったこと。とても有り難く、嬉しく思います。

これを機に、どんどんこういった講習会続けていきたいと思っています。今後ともよろしくお願いします。

また幼稚園、父母会などで、写真講習をお探しの方は是非おまかせください。

「帰ったらすぐ写真が撮りたくなる講座」いたします。

ご用命は 増田えみ写真事務所 info@photo524.com まで。お待ちしています。

 

さて、写真は、なぜか急に妖怪にハマった次女。
水木しげる先生の岩波新書をもらって寝る前に読んでといいます。

0006
赤毛のアンからえらい路線変更やな…

妖怪にハマったということを、次女は「妖怪にはさまったわ」と表現します。
スポッとその魅力に挟まったらしいです。

正しい妖怪の知識、最近は妖怪Watch?の影響とかで「ムリ壁」とか言ってる子がいるけど。こっちがホンマモンだよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です