ある日曜日。

今週は、ママのための写真教室 コトリノス( Photo ♥︎ mama )でのお仕事が続きます。

レッスンウィークと言っても過言ではない。

なぜなら、8月はどこもかしこも休んでいたからです。

そして、キャンプに行ったり、仕事で遠方に行ったり、ロケの撮影が多く、
私は真っ黒くろに日焼けして9月。9月も半ば、黒いまま。

あまりの黒さに夏も終わって、恥ずかしさを覚える日々。
いやー黒すぎるやろ。

で、仕方ないので、今日も割と暑いけど、長袖を着ております。

本日、京都で開催のレッスン、体験会がありました。
とっても広くておもちゃもたくさんあるし、いい環境。

お申し込みを開始いたします。こちらをご覧くださいませ。
担当の若林さんにメールです!

昨日の日曜日はとってもいい天気で、仕事もなかったので、洗濯洗濯を繰り返し、
洗濯機が「もーええやろ〜!」言うくらい。
布団も綺麗にできたし、植木も綺麗にして。

長女が午後から遊びに行くと言っていて、
「友達がママが作ったカップケーキが美味しかった〜って何回も言うから作って〜」と大変断りづらい言い方もどこかで覚えてきたようで、
なんか張り切って、チョコマーブルのんを作ったり。

その後、次女と商店街へ行ったり、自転車の練習をしたりで、ゆっくりと幸せな時間でした。

土曜日の夜に、次女と
「日曜の午後からは二人で出かけよう(お姉ちゃんは出かけるから)どこに行こう?」と話しをして、近所に落ち着いたのですが、近場なのにワクワクしていて

次女は日曜の朝、起きると同時に
「ステキな日曜日が始まったよ~♪」と大声で言いました。

小さい時から割とそうで、自分のタイミングで起きられた時のみですが、

「ピッカピカの朝だよ~♪」と大声で言って布団から出てきたりします。

それはとっても元気で周囲を笑顔にする、彼女の素晴らしい一面だな~と思う一方、

自分のタイミングではないのに無理に起こされた、
あるいはあまり時間がない、急かされる、となるとまるで、
急に降り出した夏のゲリラ豪雨のごとく、
何人たりとも手がつけられない状態になります。

今朝はまさにそう。朝からグダグダ。

そういうわけで人間は一長一短。
平均とってプラマイゼロというか、上下波があってもなくても、結局同じ。
どっかがどっかで帳尻をあわせてる、ってそんな感じがするんですよね。

 

次女が夢に見るほどに欲しかったっていうジャスミン時計がね。
近所の商店街の時計店の表に置いてありまして。

ずっと「ジャスミンの時計みたいなのが欲しい」って言ってたんだけど
何のことだかわかってなくて、

昨日そのお店の前を通ったら、「ママこれのこと〜!」って。

でも値札とかないし、これなんだろう?と聞いたら
「これはおまけです、なんか買ってくれたらお渡ししますよ。」って言われて
次女喜ぶ〜♪

時計くれるのに、時計買うのもな〜と思って、

そこは時計宝石メガネのお店なんですけどね。
宝石も結構本気だからちょっと買いましょか!って値段でもなく…

でもまー買おうと思っていたものがあったから、買い物したら、
いただいてしまった次女。

お店でニヤけが止まらない次女。

帰ってきて、「これと今日は寝る!」という次女。

「いつからこれがここに置いてあるって知ってたの?」と私が聞くと
「ママのお茶碗を買ってきて!」って言われた時からと言う。

それってのは、まだ京都に引っ越してきたばかりの頃で、次女は保育園に通っていて長女と二人ではじめて商店街へ「おつかい」に行ってくれた時でした。

2年以上前やん!その頃から飾ってあったこの時計って…

大丈夫かいな??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です