お問い合わせはこちら
info@photo524.com

オリジナリティー

めっきり涼しくなりました。夜なんか特に。
梅雨が早かったこともあってか、いつもより前倒しな感じです。
今日はベビーサイン体験会がりんごぐみさんでありまして
そちらでも今後、撮らせてもらえることになって
デモンストレーションに撮影と撮った写真をすぐその場で
スライドショーにしてご参加の方に見ていただきました。
スライドショーなので、音楽と一緒に写真を見てもらうのですが
やっぱり選曲も大きく左右すると思い、
迷った末、しょげないでよBABY♪にしたんですが
くどかったかな???
BGMって大事ですね。
車を運転する時、いつもは子供向きの英語のCDをかけていますが
独りの時や遠出で子供が寝た時なんかは好きな音楽を聴く事ができます。至福の時ですね。運転することも好きなんです。
で、槙原敬之のベスト?かな?夫が車に入れてるんです。
いろんなアーティストがカバーしている2枚組のアルバムです。
それをたまに聴くんですが
ほとんどの曲で歌詞に突っ込みを入れたくなる。
特に「もう恋なんてしないなんてー♪」ってやつね。
なんでやねん!!とか、当たり前やろ!!って
独りで思ってるんですが、
(もちろんいい曲だなーって思うのもあるんですよ)
なんかね、ワールドがあると思うんです。
回りくどくても、他の人には出せない彼独自の。独特の。
それが好きでも嫌いでも強いなーと思うんです。
アーティストっていうのは、
少なからずそういうもんだと思うんですが
マッキーのは、日常から遠からず、でも特有の匂いというか
ちょうどツボに入る、刺激も強すぎないいい範囲。
いい湯加減というか。。。
そう思うんです。
人間性なのか?それは会ったこともないんでよくわかりませんし
好みや世代や環境とかリンクしているだけかもしれません。
ともかく色味とか匂いとかその人の裏にあるものが作品にでる。
それは出していくべきだし、出さずに居られないのが
アーティストだと思うんです。
私も写真にそんなオリジナリティーを探しているんです。
それを見ている人に共感してもらえたらベストですよね。
同じカメラでも撮れない私の写真。
また、photo♥mamaに来て一緒に写真をやってみようって
ママさんにも是非、感じてもらいたいなーと思います。
みなさんそれぞれの私の写真を。
それで、今日の写真はまたママとベビーを撮ってきました。





ママとベビーの密な関係を撮りたいんですよ。
今回はこの距離感で撮らせてもらいました。
マタニティーと同様、このシリーズはまだまだ続きます。
100組撮って並べてみたいと思っています。
写真は他にも2人のお子様と撮らせてもらったので
またHPにアップします。
この赤ちゃんがお腹に居るときにも撮影させてもらって
同じ場所で今度は抱っこして撮らせてもらいました。
ああ、この子があの時お腹に居たんだなーという気持ちと
3ヶ月経って、こんなに大きくしっかりしてという気持ち。
もう、お母さんが愛おしくてたまらない感じが全開で
それが強く伝わってきました。素敵なママさんです。
3人目のお子さんってまた特別だろうなーって。
尊敬します。
それから話はもどって、マッキーの話は続きますけど。
私が始めて聴いたのは「どんなときも」って曲で
これがよく流れたのは、私が中1か中2だったんですよ。
で、そのときはなんとなく口ずさんでいたんだと思うんですが
今聴くとなんか泣けてくる。
この曲が一番じんとくる。
「どんなときも、どんなときも
 迷い探し続ける日々が、答えになること
 僕は知っているから。。。」
これを唄う槙原敬之は21歳くらいだと思うんです。
でも作ったのはきっと二十歳がその前くらいだと。
そんな若いときにこんなこと知ってたのかってこの人。
私なんかそんな感覚なくって、もやもやの中に居ただけだった。
19やそこらでそんな達観してたの?って思ったら
すごいよなーって。
それでここからは母親目線で、
うちの子もつらいこととかあっても
こんな風に、前向きに強くあってほしいなーと願いますよ。
そしたら涙腺がゆるんじゃって。
私は彼から15年くらい遅れてはいるけれど
迷い探し続けて、1つクリアしてもまた次の課題ができて
大きい事も小さいこともすべてはそんな積み重ねで
気がつけばなにか見えるのかもしれないなーって。
だからまた、写真に課題をもって、クリアしてもまたぶつかって
オリジナリティーを構築していきたいと思っています。

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です