ノーファインダーの世界

やらなけらばいけないことが沢山あって、
その上に課題があったから(ま、自分で課したんだけど)間に合わない。

間に合っていない自分に凹んだりして、凹んでいる間にさっさとやれよ!って話なんだけど。

ひとつずつひとつずつ、ごめんなさい、とあちこちお願いしながら、ちょっとだけ出口も見えてきた。

まだまだ追いついていないから、ほんとご迷惑をかけながら、ひょこっと生きてます。

 

私の家には沢山の植物があるのですが、これはみんな撮影に使うかも…と思って買ったものや、写真展示をした時にいただいたものなど。

撮影用には背が低いものを育てておこうかな〜と買ったりするようになって。
家で、カタログ用の食品の撮影なんかをしているので、小さい植物を背景に使ったりするのです。

そしたら、子どもたちもホームセンターで小さい植物を買ったり、折れた枝を挿し芽したりしてますます増えていく一方。

先日、長女が買った「パキラ」はお値段も小さいし、本体もほんの小さいものだったんだけど、車で持って帰るときに、次女がずっと踏んでいて、葉っぱが全部取れちゃった。長女は怒って泣きました。

パキラはツンツルテンでただの枯れ枝みたいになっていたんだけど、結構強いから大丈夫だろうと思って。

鉢に植え替えて、「パキ子」とよびかけて、毎日お世話をしていたら(私が)
むくむくと立派な葉っぱが出てきました。

それを見た次女が「お!ポキ子!頑張ってるやん!」と言って、何事もなかったかのように通っていきました。

「ポキ子」ちゃうし!「パキ子」やしっ。

たぶん、パキ子はこれからどんどん大きくなると思う。
そしたら大きな鉢に植えかえよう。
前もパキラはちっさいのかってかなり大きくなったことがあるから。
これから、前のパキ子の分まで大木にしたいと思う。

去年、実家の父が挿し芽してくれた紫陽花もベランダで冬を越し、蕾がつきました。

誕生日に、カーネーションとミニバラも、もらいました。
今、部屋の中だけで12〜13鉢あるし、ベランダにもミントやら、ハーブやら、トマトなんかの食べられるものとか、植えていて。
寄せ植えも可愛い。

ちょっと狭い部屋に酸素が多いんじゃないだろうか??と思うくらい。

植物はしゃべらないし、ご飯も食べないし、静かに見守ってくれている感じがする。

いろいろと焦ることがあっても、見ると落ち着くから好きです。

外でもこうやって、ノーファインダーで撮影するのが、
左手で文字を書いているような感じで、好きです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です