事務局の設立

ここんとこはブログを続けて書いているんですよ。

発信は大切だって話と、なんでも目移りばかりせずに続けることが力となる。
って話を最近していましてね。

発信を頑張ろうと思っている次第です。

撮ることが仕事なので、書くことが1番ではないのですが、
発信して、知ってもらわないことには、撮ることにも繋がらないのも事実。

それを体現している方のお話は説得力がありました。

で、今日はママのための写真教室 Photo ♥︎ mama のこと。

レッスンを終了した方にも写真を楽しく続けていただきたいと思って、
Photo ♥︎ mama グランプリとか、Photo ♥︎ mama プレミアム など、
いろいろと銘打って試しているのですが、

「どうしたもんじゃろのー?」と思うことも多く、

「なんかいいやり方を、またそのうち考えよう!」っと思ったまま、
日々の仕事や家事に追われることも多々、多々あり。

「もっとちゃんと続けていきたいです!」
っとおしゃってくださる元レッスン生の Nさんから、

「事務局を引き受けます!」というありがた〜いお言葉をいただいていたんですね。

なんか、もー事務仕事がとっても苦手なので、私。
しなきゃいけないことが溜まると、逃亡壁があるしーっ。

「でもーそんなことお願いしていいかしら?」と思ったのですが、

彼女以外にも、「私もやります!私もやります!」って学園モノ青春ドラマのように
事務局を手伝ってくださるという挙手があって、

とっても嬉しい気持ちになりました。いや泣いたのよ、ホンマに。

で、そんなNさんから、昨日、祇園の何秘館でやっている
「アンリカルティエブレッソン展」を観にいきませんか?と
「デートのお誘い」というタイトルのメッセージをいただきまして。

(そのブレッソンの写真展に関してはまたいつか書くとして)

鑑賞後、近くのマリベルのチョコのメルヘーンなお店にて、
Photo ♥︎ mama プレミアムの今後について、ガッツリ会議をしました。

そして、テキトーな私が皆様にご迷惑をおかけしている事実も
ありがたくご指摘いただき、

この、できる時に気が向いたらやるシステムを、
めでたく脱することになりましたー!!

私って、助けてもらえる人なんだな〜と思って。感動。
遠慮せずにここはお願いしようっと。

「困っているんでお願いします」ってヘルプミーサインがなかなか出せない私を
卒業するのですよ!

6/29のPhoto ♥︎ mama プレミアム〜中途半端な時期のオトナの遠足〜は
予定通り開催です。詳しくは近日中に UPします。時間は午前の予定。

お申し込みフォームなどを開設して、やりとりは事務局へお願いすることになります。

行き先はいろいろ考えましたが、大阪中之島の「国立国際美術館」に決定しました。

写真の展示ではないのですが、お子様連れでご参加を考えてくださっているとのお話を聞きましたので、この美術館にはキッズコーナーがあります。ステキ!

なので、参加者で交代制で、芸術鑑賞をしましょう。

展示は写真作家ではないのですが

ライアンガンダーという現代アートの作家さんです。

「そんなの写真に関係ないわ…」と思われるかもしれませんが

ガンダーの芸術観は、作品だけではなく、作品にまつわる思考をも重視する点に特徴があり、作品は、鑑賞者の想像力を活性化し、新たな思考回路を生み出し、物事の認識を拡張してくれます。

この展覧会は、私たちに視覚芸術の可能性を実感させてくれるに違いありません。

と、美術館の人は書いていますね〜。

 

アートの見方ってのは、自分のフィルターを通してナンボと思うんですね。

だから、私の写真に、私の生活に、私に…という視点でこの展示を見ればいいと思うんです。

それで何を思うかなんて、まるでこっちの勝手ですし、優等生で居ようとしないこと!

何を思ってもいいので、その後の撮影に何らかの影響を及ぼすことを
ちびっとでも感じられれば、それでいいんです。

 

それから、「展示」ってことに意識してみるのもいいですよ。

展示の方法、作品の見せ方、そんなことを意識して、
少しでも私の生活に取り入れられたら、それでハナマルなんです!いいんです!

あ、この写真ね。

先日5/18の Photo ♥︎ mama ビギナークラス、りんごぐみ教室の皆さんと万博へ行った時に撮影したんですが。

ほら、これ、自然の額縁みたいになってて。
「ここに子供がいたら、もー絶対いい写真になるね!」って話をしてたんです。

「見せ方から考える撮影」って、いつも言うんですが、
まーこういうのもあるな〜と思って。

いろんな見せ方を考えておくってことは、引き出しが増えるようなもんで、
損はないわけですよ。
ま、とにもかくにも、
ママになってから、ゆっくり美術館タイムを過ごせることは少ないですよね。

後、私は個人的にミュージアムショップが大好きです。

 

そんな、鑑賞の仕方、コツをつかんで
1人だったら行かないような展示であったとしても、「これはいい機会」と思って
交代で体験し、その後、ちょいと撮影もしましょう。

美術館に行った後は、
一つお持ち帰りいただけるようなそんな実りのあるプチレッスンにするように、
とのご要望です。

なので、中之島界隈で撮影もしましょう!

今回のプレミアムはそんな感じです。

 

この集いには、現在Photo ♥︎ mama にご参加の方もお越しいただけます。

お友達がいなくても、1人でも気にせず来てください。

もしも、しゃべる人がいなくても、撮影してたらいいんだし、
お子様と一緒でも、お一人でも気にせずにどうぞ。

そして、今後、Photo ♥︎ mama プレミマムは年間のスケジュールを出して、
おそらく2ヶ月に1回の割合で開催していきます。
(今日、プロの美人秘書N氏がそのようにおっしゃっていました。)

というわけで、これまでなんとなーく、やりたいな〜と頭でボンヤリ思っていたことが、実現していくんだと思うんです。

展示とか、スライドショーとか、○周年記念にするイベントとか。
Photo ♥︎ mama グランプリもさらに進化するんです!

妄想よ!現実へ!アケマシテオメデトウ。
そんなこんなあんなでーす!

6月29日のPhoto ♥︎ mama プレミアムへのお申し込みは 5月29日に開始いたします。
詳しくはまた改めて書きます。

こちらをご覧いただき、お申し込みをお願いします。
http://photo524.com/photo-♥%EF%B8%8E-mama-遠足お申し込みなどなどご案内/

 

 

そして、

現在開催しているスタジオおててくらぶの
Photo ♥︎ mama アドバンスですが、

お申し込みキャンセルが相次ぎ、人数が少ないので、

これまでご参加でお休みされた方はもちろん、
再受講希望の方もいらっしゃれば募集いたします。

ぜひご参加ください。

6月6日 第一火曜 (2回目 撮影実習) 10時半から12時

6月20日 第三火曜 (3回目 撮影講評会) 10時半から12時

会場はスタジオおててくらぶ

詳しくは お問い合わせからご連絡ください。
どうぞよろしくお願いします。

これ、マリリンモンロー。ブレッソンの写真展のポスター。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です