光のあふれる日々

先週は1歳のお子さんのお誕生日を
撮影をする機会をたくさんいただきました。





表情も豊かで。





泣き顔もまたいい!
1歳のお誕生日は特別ですね!
お子さんはもちろん、ママにとっても。
劇的に生活が変化し続けて
ひたすら対応した1年というところでしょうか?
感慨深いと思います。
1歳は歩き始める子が多く、好奇心旺盛で動き回り
目が離せないですよね。
でも、「はーい!」とお返事ができるようになったり
「パチパチ!」と言われれば手をたたいて見せてくれたり。
可愛いさかりです。
食事をすればこぼしまくり、歩けば転ぶし、眠たいからと泣く。
みなさんそうだと思うんですが
独身時代と生活が大きく変わりすぎたというか、
あんまりにも自分に時間もお金も費やせなくて。
私は行き詰まりを憶えることもありました。
でもお母さんだからしっかりしなければ!という想いもあって。
子どものことばかりしていて、他に目を全然向けられませんでした。
毎日慌ただしく、
ご飯→床を拭く→洗濯する 
のルーティーンをを繰り返していた感じもあります。
私の場合、どーも、こうママ同士の集まりとか上手くいかなくて
ま、一人でもいいかなーと思い、
特に寒い今のような次期は
「風邪ひいたらダメだから」と引きこもっていたな…
たまーに予定があっても、子どもが前日に熱だしたりして
「あーもう…ずーっと楽しみにしていたのにな~、
こんなもんかな~」と落ち込むこともありましたね。
子どもは可愛くて仕方なかったので、毎日平和でしたが、ま、それなりにね。
自分の足に勝手に鎖をつけていたんだと思います。
一人目のときは特にそうでした。果てが見えなかった。
次女のときはもっと心が自由でしたが。
さて、今回私が撮影させていただいた皆さんは
とても軽やかに楽しそうでした。
同じ月齢のお子さんをもつママが集まって
合同のお誕生日会をされているとこにお邪魔しました。
お子さんも、もちろんキラキラですが
お母さんである皆さんも
母として、女性としてキラキラしている瞬間。
光のあふれる瞬間なんだと思いました。
渦中にあると実は気づけていないかもしれません。
これが一人で彷徨っていると勝手に思っていた若い頃に
求めていた一つの形。
光があふれる日々、そのものなんじゃないかと。
あるひとつの、頂点に達しているのかもしれない、と
そんなことを客観的に見ていると思うのです。
私は写真でそういうママとしての輝きの一瞬も撮っていけたら
いいなーと思うのです。
あらためて母である自分をみるというのはとてもいいもんです。
パパにとってもそうなんですがね。








































お子さんもママも1歳、おめでとう!
次の記事でも、お誕生日撮影、ご自宅編を紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です