光の通り道

写真のレッスンをしていて、ああ!そうか!と思うことがあります。

それは「みんなには見えていないんだ!」ということです。

「みんなには、光がレンズを通るとどうなるかが、見えないんだ!予想がつかないんだ!」ということです。

私には見える。

これは長いこと写真を撮ってきたから、その癖のようなものです。

でも学生の頃はそんなこと考えなかった。

2件目のアシスタントをしていた事務所で、ハッとわかったのです。

その先生が撮った写真を毎日毎日見ていて、気づいたんです。

特に料理撮影という、狭い空間を切り取る写真だからだったのかもしれません。

写真を撮ってきて、光を意識している人は、きっとそうだと思います。

何も私のスペックではありません。

「この光は、この反射は!」と外を歩いていても思うのです。

『おいしい!』というか、いい感じの反射を見つけるとそれはまるで『宝の山』なのです。

ただの葉っぱに反射した光でも、レンズを通すとこんな風にボケて、玉ボケになるだろう!とか

背景にこれをぼかして入れたらこうなるだろう!って。

想像がつく。

お料理をする人には、鰤のお頭が宝に見えるだろうし、

大根の葉を見ても「いい漬物ができそう」と思うだろうし、想像がつく。

からすみをパスタに入れた人も、きっと合うんじゃないか?と想像したことでしょう。

「これも一回、ぬか漬けにしてみたらどうかな?」と長イモやアボカドを着けた人は偉い!

あ、そういう話ちゃうか…

何でも、やってみたら、「なるほど、こういうことね~♫」ってことが日常にも色々あって

写真においては光もそう。

一方で構図から魅せる写真というのもあると思います。

これは二次元なイメージです。

光や反射というのは、奥行きが必要になることが多いので、三次元な世界とも言えます。

写真がない時代の人は、絵画で表現するために、とても苦労したことでしょう。

宗教的な絵画などは、「見るのは難しいな~」と苦手意識があっても

「光」という観点から、15世紀~19世紀前半の絵画を見てみるのもとても面白いです。

画家はすっごく光を見て、捉えて描いているな~と思います。

「光の通りみち」がよくわかる。

そういうことを教えてもらえるので、今年はもっと美術館などに足を運ぼうと思います。

cropped-0005-1.jpg

ママのための写真教室 Photo ❤️ mama 新規開講クラス  日程
南茨木 りんごぐみ
2016年1月開講クラス  アドバンスクラス(ビギナーを受講した方対象)
【日程】2016年 1月28日、2月25日、3月10日  木曜午前
10:30~12:30 ※レッスンは90 分残り30分はフォロータイム 【料金】3回レッスン 料金 10,000円
高槻スタジオおててくらぶ

2016年4月開講 ビギナークラス•アドバンスクラス
 【日程】3/8  4/5  4/19 火曜午前・午後※レッスンは90分

 【料金】3回レッスン 料金 10,000円
南堀江  Pesa  レッスンは 2016年5月開講予定です。

お申し込み方法など、詳しくはHPこちらをclick!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です