夫の意見。

夫は元々写真には興味はなかったらしく
昔の写真などもほぼ見たことがなく
あっても記念写真はモニュメントの前で棒立ち。
写真を撮ることも観ることもなかったようです。
元々理屈で出来ている人間なので
ハマりだすとトコトン理屈を追求するB型人間らしく
いまでは写真のことも、ああでもないこうでもないと
私の写真にも色々口出しします。
ハローウィンパーティで母子の写真を撮ったのですが
「これじゃ、タメだろう」と言うのです。
母と子の二人の写真て案外少なくて
私はべったり寄り添った写真を撮りたいと思っていたので
状況、環境から間違いなく撮れるようにストロボを
使用したのですが
それだと写真館的すぎて、代わり映えかないだろうと
言うのです。
この夫。
やっかいと言えばそうですが
それはそれでありがたいなーと思います。
やっぱり批判してもらうことは
成長に欠かせないなーと思うのです。
次また機会があれば
今度はもっといい写真が撮りたい。
なんか悔しいし、自分でも夫の意見は確かにそうかもと
納得もできるのです。悔しいけど。
あークリスマスとかしてくれないかなー??
なんかそういう機会自分で作っていこうかな。。。
ま、好みの問題でもあるんですけどね。
「正解はない」が持論だし。。。
友達だと、知り合いだと言えない、言われないことも
夫だから言ってくれるし
理屈っぽい、あー言えばこー言う、語彙の多い男だから
また人一倍、いや二倍以上は言ってくれるんですよ。
きっと助かってるんだなー。
とこう思う私だから、きっとこの夫なんだろうなー。
サー11月が始まるし、なんか力が湧いてきたかも。
風邪気味だけど。
ところで白黒写真とってますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です