姿勢のいい人。

私は仕事柄、子どもに限らずたくさんの人を撮りますが
姿勢がいい人はなんと言っても撮り易い。
モデルでなくても、姿勢がいい人は何を着てもらっても楽です。
足がまっすぐな人は立ち姿がピシッと決まるんです。
姿勢がいい人はポージングが上手い。
きっと筋肉が正しくついていて、バランスがよく、
身体が自由に動かせるんだと思うんです。
そして、お尻や太もも、お腹がスッキリしている。
そういう私は他人のことはよくわかっても
自分の姿勢はなかなかです。
できるだけ意識してます。
腰痛もあるので。
重い荷物を持っての移動もありますから。
今はできるだけ、右肩と左肩、同じように持ちかえて
身体が歪まないように心がけています。
昔はそんなこと言われたって、重いから楽な方で持たないと
長時間、続かないと思っていたし、忙しくって構ってられない
と思っていました。
カメラはいつも右手でシャッターを切るし、
いつも同じ方向に傾き、片目で覗くので肩も凝ります。
しかし、この方のブログ→☆☆☆
を読んで私自身も身体に軸を持ちたいと。
ご本人に会うとなおさら思いますよ。
おうちで身体メンテナンスの山岡さんです。
子どもにもできるだけ、
身体を上手く使うことを教えてたいと思っています。
可能性を広げたいなー。
身体は深くて面白い、可能性に満ちているんだなーと。
パルクールって知ってますか?
街中を忍者のように飛んだり、駆け回るスポーツ。
見ていて飽きないとても面白いです。爽快。
アクション映画みたい。
人間やればできるんだなー。
器械体操もこれを見せてくれたらもっと真剣にやったのに。
あれってなんでしないといけないのか?全然わからなかった。
写真は忍者と称する次女。
今、彼女に忍者ブームが到来中。





次女に忍者になると言われれば、
応援しようとは思ってます。

カテゴリーDays

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です