お問い合わせはこちら
info@photo524.com

影響力

こんにちは、増田です。
いつも人の写真を見るとき
注意しようと思うのは
その人の感覚を大事にしたいということ。
これがいい、これはダメってのは私が決めることではない。
だから、「この写真なんか上手くいかないんです、失敗なんです」
と言われた場合は
「○○さんはどういう風にしたかったんですか?」と
逆に訊く事が多いです。

私だったらこうするかな〜と自分の意見を言ってみたり
こうする方法もあったかな〜と言ってみたりします。
なんか、みんなが同じ写真を撮ってもおもしろくない。
それぞれいいと思うものは違うわけだから
押しつけはいけないな〜と思うのです。
それって相手がオトナだから?
我が子にもね。そう接しないといけませんよね。
それにね、
幼い子どもには特に親の考えが根付いてしまうと思うんです。
これは自分がいくつの時のことか忘れましたが
姉が小学校で、トイレットペーパーの三角折を教わってきたんです。
「こうすると次の人が使いやすいでしょ!」って
それはそれは自慢げに「これがマナーよ!」と
母と妹の私に習って来た知識を披露しました。
そしたら、母が
「誰かがベトベト触りまくった紙を使いたくない、
だからお母さんはそれはしない!」と言ったんです。
子ども心に、なるほど確かにそうだよな〜と思いつつも
姉の立場がないよな〜と思った事を記憶してます。
それから今に至るまで、私も三角折にはちょっと抵抗があります。
今、仕事で出入りしている所は、トイレットペーパーのところに
「三角折を忘れない!!」ってわざわざ赤字で書いてあるので
そのときは渋々したがってますが…
いつも子どもの頃の出来事を思い出して、遠い目をしてます。
まーちょっと最初の話とそれましたが
子どもって頭が柔らかいから、オトナに接する以上に
十分気をつけないと染み込んでいくんだろうな〜と思って。
長女の口調が妙にオトナっぽいという話を今日もしてまして
それも夫や私の口ぶりにそっくりなんですね。
「少なくとも」とか「○○しない限り」とか言うんです。
5歳になったばかりなのに?そんなもんかしら?
そして今日、次女を危ないからと引き寄せたら大泣き。
腕が抜けちゃったみたいで…焦りました。
幸い、日曜日でも診てくださるご近所の先生に
お姑さんが連絡してくれて、
治してもらえたので、ほんとにたすかったのですが
頭と共に、身体も骨も柔らかいから、大切に扱わないとな〜と
痛感したのでした。
すっかり機嫌もなおって
なぜか車のチャイルドシートを座椅子代わりに使用している次女。





万歳もできるようになって一安心。
こんな使い方もできます。楽しいみたい。





車ではこれに座るのを拒んでたくせに
わざわざテレビの前に自分で運んで気に入って座ってます。
天の邪鬼だなー、あ、これも親の影響か…

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です