心が震えるとき。

心が震えるような写真を、心が震えるように、写真を撮りたいと思っています。

年賀状用の写真も、昨日のスタジオおててくらぶさんでの撮影会でも、出張で呼んでいただいた際にも。

いつも心が敏感な状態でいたい。

もっと相手をわかろうとか、読み取るとかそんなことは思っていなくて。

とにかく、私が感じて、全身で感じて震える写真を撮りたいと思うのです。

もちろん、ロケーションも大事、セットも大事、光も構図も大事。

でも、一番大事なのはもっとシンプルなことだと思うのです。

感じる私の力、私の心。

これだけだと思うのです。

昨日の撮影から親子の写真。

0011

0008

0004

※大切な写真ですので、無断で使用転載はしないでください。

心が敏感でいることは時にしんどいのかもしれないな〜と思う。

それは、無駄に協調性を発揮してしまったり、自尊心を下げてしまうことになりかねないんだと。
それは自分をすり減らすことになるんだなと。

高校からの親友がいつもそれを気にしてくれていました。
ずっと変わらない私の特性なのかもしれません。

それでも、それが私だから、それもいいところかも!と思うのです。

間違えば軌道修正すればいいし。何度でも立ち上がればいい。やり直せばいい。

私には大切な家族がいて、たくさんみんなに支えてもらえるから。

私はたくさん、愛されて育ってきました。

だからきっと大丈夫。

0010

丸いもの見ると、ちょっと安心する。

マタニティーのお腹も丸いし、地球も丸いし、角がないっていいことだな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です