着物でポージング講座。

今はいろんなことが同時進行で起こっていて。
仕事もそれ以外も。なんだか諸々の気持ちに襲われつつの生きている実感があります。

そして、今は撮影のために仙台にいます。

昨今はシルバーウイークだったらしく、チケットの手配がうまくいかなくて、2泊することになりました。それはそれでラッキーです!
子どもたちも喜んで祖父母宅へ泊まりに行きましたし、困っているのは私の母だけだと思います。
ありがとうございます。感謝を込めて、笹かまぼこ買って帰ります。

たくさんお知らせもあるのですが、

本日は19日に開催されるポージング講座のお話。

こちらの準備にも、夏から図書館いったりしながら調べ物をしています。
私の頭の中に持っている、着物とポージングに関して、表出させるいい機会だからです。

人に伝えるには、感覚だけでなく説得力のあるものにしなければ…

と思いつつ、頭の中に溜めているだけで今に至っております。

着物の撮影は、私が19歳くらいのとき、ちょっとでも写真に携わりたくて、写真館にアルバイトしたことに始まります。

それまでは好きな写真だけを撮っていたので。

『着物姿を美しく撮る』ということは、まだまだ柔らかかった私の脳にグングン吸収された知識です。

以前にも成人式の晴れ着の撮影の件で書きましたが、

写真館なりの作法があるんですね。手直しすればキリがないのですが。
こんな感じです。

0007
0001

特に、写る人が一般の方なので。

ある程度はこちらからお願いしていかないと、そして、ある程度は固まってもらわないことには形が決まらないのです。

婚礼衣装もそうだと思いますが、見るべきポイントがあります。

さらに今回は、最近の色気研究と組み合わせて、オリジナリティー溢れる内容になります。(予定)
とりあえず、がんばる!

 

なんだかんだ言っても、着物が好きです。

理由はよくわからないけど、いいですよねー着物って。

帯との組み合わせ、帯締めや帯揚げ、半襟とかいろいろ楽しいし。

織物の歴史とか深みとか、染めの技術とか、刺繍も。

DNAに引き継がれる、誇るべき世界観です。

日本人の体型にもマッチしているし、ふっくら柔らかなな方が着物って似合います。

そう言われると安心するでしょ!

 

ぺこら舎の篠原さんは、アンティークのお着物などを普段にうまく着こなされています。

合わせる小物も可愛くて、絶妙なんです。麦わら帽子とか被ってるしぃ。

ショートヘアーが着物とよくお似合いです。

着付け師さんでもありますし、アンティークの着物の買い付けをされたりもしています。

で、そんな篠原さんと、着物、撮影のコラボを今後もしていきたいということで、

この19日の企画は、その大事なはじめの一歩なんです。

午後からはお子様用の着物も展示しています。
七五三のレンタル着物をお考えの方は、是非一度ご自身の目で確かめてくださいね。

こちらの着物のほかにも種類が増えたそうで、全部で4種類。

お母さんように、訪問着などと一緒にレンタル、出張着付けなどもできるそうです。

着物の着付け体験もまだ承りますので、お時間ある方は是非お立ち寄りくださいませ。

ポージング講座小お申し込みは こちらから → Click here !

お問い合わせは こちらから → Click here!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です