紫陽花の頃。

昨日は素敵なイタリア料理のお店に撮影に行きました。
どのお料理もウキウキ浮き足立つほどの素敵さでした。
創作が端々に感じられて、食感への意識、彩のお花も見てて美味しいお料理でした。

美しいものはたくさんあるけれど、美しく旨いことを「美味しい」と掛け合わされている言葉。
なんかのCMみたいですが、食べられることを忘れるほどの美しさに惚れ惚れしました。

作っておられるシェフも素敵で、熱が伝わるので、料理の写真が好きです。
やっぱり楽しい。お店の素敵なお話しも聞かせてもらいました。

撮るだけでほぼ食べていませんけどね。けど、見たらわかるやんっ美味しいものって。
そもそも、食べたら撮影への意欲が下がるからね、あんまり食べたくないん。

今度はちゃんと食べる人として行ってみたいと思います。

そして、帰ってきたら、食料品の宅配の日で、ちょうど月曜に米びつが唐辛子のみとなり、火曜日はおそうめんの晩御飯だったので、水曜日にお米を届けてもらって、

「宅配に頼んでいた一週間前の私よ!ありがとー!!」と自分に感動します。
自分で注文して、自分で忘れて、自分でラッキー、って構図です。

いや、そりゃ、忘れてないけどね。
注文に合わせて米びつを空にしておける自分に、満足って構図です。

材料がたくさんあるって本当に幸せ。
そして使い切る幸せ。
一回忘れて、また有り難がれる幸せ。

忘れるってことはそれなりにいいこともあるな、と思います。

今日は午後から帰宅途中に、茅の輪くぐりをして帰って来ました。
例えば忘れることができなくても、輪をくぐる時に祓い落とせる…そんなイメージ。

その場に咲いていた紫陽花。

スカートをしたから覗くがごとく、紫陽花ドームの中から撮ってみた。

何回も言うけど、紫陽花は花びらじゃなくってこの真ん中のチョボってこれが花なんだってっ。

 

だったら、この場合のこの真ん中のシュポシュポは誰??

 

赤ちゃんの髪の毛みたい。

 

【お知らせ】写真教室に参加される方を絶賛募集しています。

詳しくはこちらをご覧くださいませ。
現在の募集は南茨木の『りんごぐみ教室』7月の第二木曜日から開始です。

こちらの教室はもう9年目になります。
たくさんの方にご参加いただいている保育士さんが運営する会場でのレッスンです。

もちろん、お子さんと一緒にお越しいただけます。お子さんは保育士さんと遊びながら、同室で参加できますよ。

【会場】 南茨木りんごぐみ
※阪急南茨木より徒歩10分強・モノレール沢良木駅より徒歩4分程

【申込】写真教室専用窓口  photolesson@cotorinos.net

写真教室の詳しくはこちらをご覧くださいませ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です