お問い合わせはこちら
info@photo524.com

蚊帳プロジェクト

蚊帳、なかなか本物を見たことはありません。
karami-wa

 

 

 

 

長女はこの写真を見て「トトロのやつやん!」とすぐ言いました。

今、蚊帳が見直されているというニュースは、
デング熱が報道された頃だったか?観たことがありました。

赤ちゃんとか、虫除けを使いたくない時にいいですよね!
保育園でも導入している所があるそうです。

この蚊帳の写真を見ると、なんだか涼しそうにも見えます。

ヘンプの蚊帳というのは、戦後日本では作られていなかったそうです。

ヘンプ=麻

麻は大麻草です。

大麻と聞くと「え?勝新太郎がパンツに入ってたって言ったやつ?捕まるやる?(古っ)」
と思います。

私が好きだった作家の中島らも氏も、大麻で逮捕されています。

だいたい、「大麻」と「阿片」もよくわかっていなかったのですが、
アヘンはケシの果の一部がらアヘンが採れるものがあるらしく、
麻薬性の高いヘロインの原料にもなるらしいです。

精製して医療用にモルヒネとしても使われるらしいです。
一方、同じケシ科でもポピーなど観賞用のものもあります。

使い方で、危険になったり、お薬になったりするんですよね。

植物は面白いな~と思って。

「植物はすごい」「スキマ植物の世界」って新書を買ってしまいましたわ。

この写真はスキマ植物を昨日見つけて撮ってしまった。
D3S_9473

で話しは戻って

 

 

大麻(マリファナ)はオランダやポルトガルなど合法な地域もあります。
また、2010年以降、チェコ、アメリカのコロラド州など合法化されています。

これには賛否あるようです。

日本でも元々、ヘンプ麻(大麻)の繊維などを利用して織物を作ったり、
だいたい麻の実は「七味」に入っています。

「え?麻の実って大麻草の実?食べていいの?」

前から気になっていたので、この際、調べてみました。

ヘンプシード、栄養価高い。

繊維にはリラックス効果、安眠効果など癒し効果がありますし、素晴らしい素材なんですね。

でね、そのヘンプでできた繊維で蚊帳を作っておられるのが
静岡の会社で「菊屋」さんなんですが、

先日の熊本の地震で被災した、山岡縁さんが、震災後、蚊とハエに困っていて「蚊帳」が欲しいとおっしゃったんです。

そうですよね〜。急に暑くなったりして、でも網戸とかないですもんね。
ゴミの問題も深刻だと思います。

でも、蚊帳もってないし。
調べたら、この菊屋さんのヘンプ大麻の蚊帳っていいな〜と改めて思いました。
ヒーリング効果の高い蚊帳の中では、鍼灸治療に限らず、
カウンセリングなどにも向いているようです。
で、被災地に送りたいと思って。

今回の熊本の震災は、先日私たちが訪れたばかりのところだったことや
友人のゆかりんがまさにそこに居るということで、とてもたくさんのことを考えました。

支援のあり方も報道のあり方も、SNSの情報も。

どうするのがいいのかな〜と。

とにかくは、当事者から聞こえる声がそこにありましたのでね。

直接届く、これに限るな〜と。

仲間で協力しあって支援物資を、すぐに直接、送ることもできました。

ゆかりんが SNSで投稿していたすごい壊れた家で、
車中泊をしている80代のご夫婦にお宅の写真。

でも、日中は崩れたガレージで過ごして、夜は車で寝ているというけど、ガレージもひどいこと屋根が落ちている。

そんな人は蚊帳が絶対いるだろうと思うと(蚊が強くて蚊取線香もあんまり効かないらしい)蚊帳は数もいるだろうし、ゆかりんのことだから、必要な人に届けはるやろうな〜と思って。

そこで、菊屋さんのお問い合わせ、ご意見を書くフォームに、突然投稿しました。

いきなり「ゆかりんが欲しいって言ってます」って言っても頭が悪い人と思われても困るし…

熊本県の西原村がこんなこんなで西原村に寄付いただけませんか?

って書いてみましたら、びっくりするくらいにすぐ返信がありましてね。

しかも「そんなことになっているとは知りませんでした。教えてくれてありがとうございます。」って、菊屋の三島社長さんが言ってくださいました。

すごいですよね〜。そこで「ありがとう」と言える人って。
何よりもそこにびっくりしました。

そして山岡さんと直接のやりとりをしていただいて、先日無事、西原村にポリエステル製の蚊帳が20張ほど届いたそうです。

本当に、ありがとうございます。
これで、余震以外にも眠りを妨げるものを一つでも減らせれば、嬉しいです。

睡眠は大切ですもんね。免疫力も下がってしまいますから。

 

で、ゆかりんも復興して、「ヘンプの蚊帳」を買いたいと言ってるし、
私も、今回はご寄付いただいたので、ぜひ、購入して、三島社長にお返ししたいと思います。

ヘンプの蚊帳は結構なお値段がするので、(55,000〜125,000円)
今度、5/5 に開催されるこちらのイベント。

Made in 京都(梅小路公園)にて 無料で撮影会をいたします。

その際、ヘンプの蚊帳を買って西原村に送ろうプロジェクトの募金箱を設置いたします。
そこへご寄付いただいたものは全て公表して、西原村へ送ります。

以下内容です。

 

Made in 京都 梅小路公園にて。

★増田えみ プロのカメラマンによる写真ワークショップ/撮影会

内容:会場周辺内でシチュエーション撮影(無料)。
お子さんのみ、ご家族で是非、ご参加下さい。
回によってはカメラワークショップも開催。
写真は後日、無料でネットからダウンロードできます。
できれば熊本の震災で被害の大きい西原村へ寄付をお願いします。

また無料の撮影ですので、お渡しはダウンロードになります。

撮影した写真をこちらのHP、広告などへの掲載をお許しいただける方が対象となります。

●予約時間(各20分):
11:00〜
12:00〜
13:00〜
14:00〜
15:00〜

●参加費[1回又は1枠]:無料

●お願い:目一杯のオシャレをしてきてください!

◎予約方法
下記の内容をお書きいただき、メール又はFAXをお送りください。
(応募多数の場合は事務局より個別にご連絡いたします)
1. 体験(ワークショップ)名:増田えみ 写真ワークショップ/撮影会
2. 予約時間:
3. 参加人数:
4. 団体名(ある場合):
5. 参加者の平均年齢:
6. 代表者のお名前:
7. 代表者の電話番号(当日連絡がつくもの):
8. 代表者のメールアドレス:
9. ご質問/ご要望:

送り先 担当:大五郎
メール:m.i.kyoto.since2015@gmail.com
FAX:075-320-2619

私は水族館前のワークショップのエリアにいると思います。

こちらのマルシェもありますし、お天気も良さそうです。

鉄道博物館もOPENしてたくさんのお越しになりそうです。

どうぞよろしくお願いします。

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です