運動会の写真

今日は10月10日。
もう運動会も残り少ないかもしれないですね。
我が家も10月最初の土曜日が運動会でした。
長女は保育園での最後の、これで5回目の運動会です。
今年は出番が多かった。
組み体操やら、マーチングやら、リレーも頑張りました。
で、今年もいい写真を撮ろうと思いまして
プログラムを握り締めて右往左往。
次女も出番があるもんで、こっちは出ずっぱりな感じでした。
狭いグランドなんですが、ぐるっと取り囲むように観るので
どっちのレーンを走るのか?
ダンスの出だしは何処に居て、どちらに移動するのか?
先読みで動く。
構えて待つ。
長いレンズ付けて
「あの人いったいなんやろか?」
「あ、またあのお母さん、張り切ってはるわ」
って周囲には思われたかもしれません。
でも構いません。
というか、私からすればみんな動かなすぎ。
じっとしてるとチャンスは少ないのでこっちも動きます。
その分、競技スペースに入って撮影の許される写真屋さんには
もっともっと動いて撮ってもらいたいところですが
ここの写真屋さんはたったまま動かず、階段の上から定点撮影。
私もアルバイトで運動会の撮影係り、
写真屋さんとして何度か行ったこともあるんです。
だからまんべんなく子どもを写さないといけない
ってのはわかるんだけど…
せめて二人以上で行かないと撮れないだろうなーと思います。
みんな入ったらダメなスペースから撮影が許される唯一の人なのに。
残念だなー。
と今年も思いながら、私は保護者は入れないゾーンぎりぎりから
片膝ついて射撃のごとく我が子を狙い撮ってました。
で、写真。
他の子の顔があまり写っていないものだけ。
長女の組み体操。





こんな風にうちの子以外の子どもの顔を入れない構図に
すると子どもの顔に自然に目がいく。
主役の分かりやすい写真にするといいです。
こちらは全員で繋がっているワザ。
ゆらゆらするから見ていてヒヤヒヤしました。
落ちるなよ~と念じながらのシャッター。





万が一、落ちようもんなら
彼女のプライドがどうなるかと思って。
こちらは次女のダンス。
キノコをかぶっています。





そして次女競技中。





パパも隣で一生懸命(不必要に)
ウサギ飛びしていましたが。
敢え無くカット。
レンズが長くて引きがなかったので中途半端に入れるより
ばっさり切った方がいいと咄嗟に判断。
せっかく頑張ってるのにごめりよ。
先生からは後日「パパすごい面白かったですね~」
「めちゃくちゃ飛んでくれてましたね~」と
感想をいただきました。
「あ、そう言っていただける。そのためだけにやってますので」
と答えておきました。
長女カメラ目線の写真が多いです。
競技中ですから!集中してって。





で、メダルは当然、食べてもらいます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です