負けない夏。

京都は祇園祭などもあり、観光の方がとっても多いところではありますが、暑いからね~、来てくれはっても大丈夫ですか?みなさん?と思います。

そんな中にも雑誌の撮影というのはおよそ1~2ヶ月先の話で、秋になっておりますという程で、動く必要があるものです。

先日は京都らしい和風建築へお仕事で伺ったのですが、やはり本気の方は、絶対に「暑い」とか言いませんね。

佇まいを整えることによって、暑さを律するというか、制するといいますか

あれは、間違いなく「暑い言うたら負けや」と思ってはると思います。「私らは変わりまへん!」っていうキムラ緑子的な、あーこれがプライドってもんやな~と思います。

40度にも人間は慣れるもんでしょうか。

お水もタオルもたくさん持って、着替えも持って行きましたが、そんなプライド高き京都人の姿勢を見てると、なんとかなりました。

しかしまー、こんなに暑いときは、思考が停止しますので、涼しいとこに行ってきます~ってこれが正解やと思いますけどね。
色々前から決まっていた予定ってもんもありますし、天気予報が、危険、厳重警戒って言っていても、みんなで決めていたら動かなあかんときは動かなあきません。オトナやから。

無理はできませんけど、備えて打ち勝たな仕方ないってこともあるし、ダラダラ「暑い」と不用意に言わないっていう心構えは、大切だ…と思いました。

 

写真は日曜日に小学校で。
そこに雲梯がある限り、ジャングルジムがある限り、小学生は登るよね!

そして、オレオは分けて食べるよね。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください