KYOTO GRAPHIE -2

終わってしまいましたが、今年の KYOTO GRAPHIE

ちょこっとずつ時間を作って、3日間に分けて行きました。
5~6カ所かな???

最終日は祇園のこちらへ行きましたが、子どもたちも一緒にいったので、
子どもたちなりにとても楽しんでいる様子でした。

そう、春に、熊本へ旅行に行った帰り、
岡山・倉敷の大原美術館へ、なんとなーく寄ったんですよね。

その時、いろんな作家の絵が飾ってあったので、

「各自鑑賞後、どれが一番好きと思ったかを報告するように!」

とだけ告げて、入り口で解散したんですよね。

それで、長女、次女ともに気に入った作品のポストカードを買って帰るっていう、
そんな遊びのようなことをしたんです。
それ以来ですね。

美術館が子どもたちは好きになりまして。
その後も、中の島の国立国際美術館に行ったりしたのですが、

その時は「子どもは親と一緒に歩くように!」って

中に座っている人がやたら言うので、なんかゆっくり見られなかったのです。(私が)

子どもには、もちろん、騒がない、走らない、触らない!ってことは伝えてあるので、大丈夫なんですが、

「突拍子もない動きをする危険性がある人物」と、捉えられているんでしょうね。

ま、小さいから、大人が絵ばかりを観て歩いていたら、足元に小さい子歩いていて
気がつかないで怪我するって可能性もありますがね。

子どもも見ていいよーっていうのが、本来だと思うんですけどね。
で、まーうちの子は

『見たいと思うものだけ、自由に見る』という鑑賞方法がデフォルトになってしまったので、今回のKYOTO GRAPHIE での展示なんかは、割と自由で、会場ごとがもはや展示そのものでしたから、

それはそれは楽しんでおりました。


この写真はwebで見ていて観に行きたいな〜と思っていたもの。


こっちの霊長類たちは、そんなに期待していなかったけど、なんだか感動してしまいました。

霊長類というか、ゴリラさんは白目がないんですね…

この真っ黒な潤んだ瞳に吸い付けられるような気がしました。

他にも母子の写真からの愛情がすごくって。

涙が出そうになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です