MKEのPhoto♥mama

本来こうやって毎日書くもんなんですよね…ブログって。
今日も張り切って、MKEさんでのレッスンがありました。
7月のはじめにレッスンをしてから、長い夏休みでしたので
ほぼ2ヶ月ぶりの再会でした。
みなさんのお子さんがちょっとずつ大きく、
雰囲気がぐっと子どもらしくなっていました。
そしてレッスンの内容は、夏休み、テーマを夏にして
撮ってきてもらった写真の発表会でした!!
やっぱり写真を見せてもらうのって、楽しいです。
この2ヶ月、ママたちは頑張って撮影してきたんだなーって
すごくよくわかりました。
本日のメンバーは6名。
皆さんには何枚でも好きな写真を持って来てもらって
一緒にスライドショーにして見ながら、
さらにその中から一枚を選んでもらい、
6名分を並べて最終投票となります。
投票には、会場で子どもたちを見てくださるマイマイ先生と
保育士の秋元先生にも加わっていただきました。
今日たくさんの写真の中から、よりお気に入りの一枚を選ぶ作業、
これが難しかったですね。
どれも選べないっていうのは本音だと思います。
昔、学生の頃、有名な写真家が講演会に来ました。
トークショーの後、質問時間があったんですが
ある学生が「先生はどの写真が一番すきなんですか?」って
聞いたんです。
そしたら、「そんな、どれも大好きで選べないですよー」って
答えたんです。
須田一政氏ですけどね。
あーそーなんだな。と思いました。
この人にとって写真は自分の分身で子どもみたいなもの。
「姉妹、どっちの方が可愛いですか?」
って聞かれているようなもんで愚問ですよね。
ほんとに一球入魂じゃないけど、1枚1枚に愛がこもってる。
それを選べってのは酷なことです。
今日はその記憶が蘇りました。
ママにとって大事な写真の数々。
選びきれないほどの思いをこめて撮っておられるんだなーって。
子どもの写真って思い出が詰まってる。
この時あーだったとか、この後こけて怪我しちゃってとかね。
今日参加されたママたちには
この先、10年後20年後の楽しみをしっかり
貯金しているんだと思いますよ。
男の子が大きくなってママに反抗するようになった時のために
今の可愛い、そしてちょっとおもしろく恥ずかしい一面も
撮りためて、すぐ見せられるように写真集にしようと思ってる…
っていう素敵な話もありました。
長期計画ですけど、とてもいい話だなーと思って。
その男の子がまた親になった時、ママの写真をみて、
どんなに感動するだろう… 
その時こそ、その写真集は真の威力を発揮する気もします。
あー泣けるわ。
今日の発表の回は、なんとIさんの2連覇という輝かしい結果でした。
でも、どの写真もとってもよくって素晴らしい会になりました。
2位のYさんの写真もよかったですよ。
1票差でしたね。
みなさん写真ライフを満喫されています。
本日の写真。
我が家の夏。








夏は子どもをひとまわり大きくするんだなぁ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です