profile

 【経歴】

増田えみ

京都市在住。京都市出身。

2001             大阪芸術大学 芸術学部 写真学科 卒業
 ◯◯             宮本進写真事務所/株式会社 NCG(料理写真スタジオ)

2004             アシスタント勤務を経てフリーカメラマン

2010           ママのための写真教室「Photo ♥ mama」を開始(現「コトリノス」)

2010.12~      増田えみ写真事務所
(当初屋号は「PHOTO524」2015年に現在の名称に変更)

 

【主な撮影】

◆comokuten「What is Planetary Food」
田中愛子著 撮影 増田えみ     2021年10月

◆主婦と生活社
「世界のおつまみレシピ」カンタン!うちのみが楽しくなる
本山尚義 著  撮影 増田えみ   2019年6月

◆旭屋出版 「BASIC  HOME  BAKING」
田中愛子 著 撮影 増田えみ 2018年3月

◆西日本出版  No Jewelry,No Life
岩見尚見 高橋左和子 著 撮影 増田えみ 2020年秋

 

◆旭屋出版 「ママたちの日々レシピ」
田中愛子 著 撮影 増田えみ 2017年1月

 

@Living アットリビング 「中川政七商店」のものづくり 撮影

・ 伊勢丹サイト「 FOODIE 」撮影

・雑誌「Leaf」

・雑誌「コトノネ」

・雑誌「Meets Regional」

・雑誌「LEON」

・昭文社 ことりっぷ撮影

・摂津市生涯学習大学写真講師 2017年

・オムロンヘルスケア WEBサイト  Rhyyhm 撮影

・奈良先端科学技術大学院大学 WEBサイト1 WEBサイト2

 

 

【撮影への想い】

〜皆様の大切な会社やお仕事、商品を料理などを撮影するとき〜

コンシューマーの感覚を大切にしながら、自然で且つ印象的な写真になるように。
特に、見ている人が無理を感じない写真にすることも大切なのではないかと思っています。
可能な限りは撮影する場所、商品に携われた方の思いを大切にたくさんお話を聞いてから撮影本番としたく、そのための下見、構想、打ち合わせ、下準備が大切であり、決め手だと考えます。

またこれからの社会では、消費者も投資家も事業主の考え、取り組みを、見極めて選択します。
私は特に『食』に関しての勉強を続けてきました。
生活感を持ちつつ、環境への配慮、持続可能な世の中へそのお手伝いが少しでもできるよう、プラスワンを提案できる私でありたいと思っています。
もう一歩踏み込んで、次の提案や後押しを「写真」ができるように。

可愛い・綺麗だけではなく、その『向こう側』まで透けて見えるような、そんな写真を撮影していきます。

 

〜子供の写真を撮るとき〜

日常でありながらも、より輝きがあふれる写真を目指しています。
子供は本来キラキラしています。
我が家の子供たちも、寝起き一番、目を覚ましただけで自然にキラキラっと輝きが溢れ出します。
大切な成長の記録でもある写真をお金を出して撮ろうという時、
非日常のドレスや衣装を来て、作られたセットの中で無理に笑わされるのではなく、
すでに子供たちの中にあるエネルギーやオーラを自然な状態でより可愛く印象的に残したい。

泣き顔も笑顔もそのままが十分愛おしい。
そんなパパやママの想いを私に託してもらえたらと思っています。

 

【創設への想い】

今も昔もカメラは、私と社会をつなぐツールです。
小学校の卒業文集にも、将来なりたい職業は「カメラマン」と書きました。
そのことを思い出した19歳。

京都府立大学の女子短期大学部を卒業後、写真の道を進むべく大阪芸術大学 写真学科に進学。

大学では素晴らしいたくさんの写真作家、アートディレクターなど
活躍する先生からお話を直接聞けて、
撮影旅行など可能な限りは手を挙げて貴重な経験を楽しく積むことができました。
6年も学校に行かせてくれた両親にとても感謝しています。

卒業後、コマーシャル写真の現場を知りたいと、料理カメラマンのアシスタントを3年間。
時につらく泣きながらの日々でもありましたが、たくさん修行をしました。

そこからフリーのカメラマンに。
さらに自分の写真を見つめるためにヨーロッパへ撮影旅行をし、2006年に念願の個展を開きました。

そして、二人の娘を出産。

職業としてのカメラから遠ざかりつつあった私、自分にできることを探して悶々とした日々。育児も大切。毎日のように撮る子供の膨大な記録写真。そこで思いついたのが、ママのためのフォトサークルでした。
まだ次女が5ヶ月で抱っこしながら、時に授乳しながら、ご近所のママさんと子供連れで写真を見せ合い、カメラの勉強をするサークルです。

次女が1歳になり、本格的に活動を開始。
フォトサークルをフォトスクールに見直し、その他の撮影事業を再開・展開してきました。

遠回りをしたけれど、私だけの道のりを経て大学卒業時に志した料理・雑誌・コマーシャルの撮影に今は近づいて来たんだという実感があります。

それは転がりながら大きくなっていく雪だるまのように…
あるいは、毛糸玉を巻きつけていくように…
たくさんのことを巻き込みながら芯を持って大きくなっていけるのが、女性が、また母親が働く際の強みなのかもしれないと今は思います。

今までのことは全部ここに繋がっており、
今の私にできる、私だからできる写真とは何か?を問い続けこれからも勉強と模索の日々です。ここまでの10年、さらにここからの10年を見据えて。

2019年からは動画の撮影も承っています。映像で普段使わない脳を揺さぶること。基礎のあるオリジナルを目指して。

増田えみ写真事務所は、2021年11年目を迎えています。

・お問い合わせは contact よりお願いします。


 【写真展示】

2001  ブルーナイル グループ展「ナニハナ」 出展
2004   Nadar Osaka グループ展 「青」 出展
2005   Nadar Osaka グループ展「ナニハナ vs ポラロイド」 出展
2006   Nadar Osaka 個展 「existencia」 主催
2013  個展「まなざし」 主催(コマカフェ)
2014  個展「深呼吸」  主催(tumiki cafe)
2015  グループ展 25名のママによる写真展 主催
2017      KYOTOGRAPHY  KG+ 新大宮商店街 出展
2018     グループ展 コトリノス写真展 出展
2019     グループ展 コトリノス写真展 出展

※その他グループ展示多数出展

 

【メディア取材】

2014.02  05   J:com「街かどほっとらいん」にて放送

2014.12    FM GIG 出演

2015.05       J:com「街かどほっとらいん」にて放送

2015.04    読売新聞社 掲載

2015.04    ラジオ関西 紹介

2015.04    FM大阪 「Hug+」生出演

2015.05    子どもとおでかけ情報サイト「いこーよ」
         運動会で上手に撮影するコツ 紹介

2015.06    子育てファミリー情報誌「とことことん」(JR西日本発行)
       ママのためのフォトスクール Photo ♥︎ mama掲載

2016.05           ママ & ベビーの楽しいおでかけをサポート 情報サイト
         学校行事で絶対撮っておくべき写真とは?ママのための写真教室 掲載

2019.04              朝日新聞 全国紙夕刊 「彼女の選択」 掲載

 

増田えみ写真実績01

増田えみ写真実績03

増田えみ写真実績04

 

 

・お問い合わせは contact よりお願いします。