ひとりごと。

今日はうちのバレンタインの話。単なるひとりごとです。
お料理好きの長女のことだから、
バレンタインデーは誰かに渡すと言うだろうと
材料だけは用意していたんです。
マフィンでも対応可、ということでチョコチップなども。
でも今年はハートのチョコがいいというので
溶かしていれるだけ、簡単ですが
こころを込めて作ってました。





なぜかパパも興味をもって手伝ってくれました。
ま、まだ年長なんで、保育園に持って行ってもな〜と
思うのですが、去年も持って行ったので
封筒にいれてカモフラージュして持たせたら…
朝からそわそわしている男子が長女の鞄を覗き込み
誰に渡すのか問いただすもんだから
先生にばれて没収され、
お迎えにいったら、返却されてしまいました。





せつないチョコ。
理由は「他のお友達も欲しくなったら困るから」
「あげた、あげてないの問題になったら困るから」
「保育園に関係ない物を持って来てはいけないから」
「お母さんからお母さんに渡してください」
極めつけは
「他のお友達にも同じように対応しましたから」だって!
途中で「アホか!」と言いそうになりましたが
子どもの前なので
「はい。」「はい。」と返事しておきました。
つまらんの〜。
次女も意味も分からず作ってお友達に朝、渡そうとしたら
誰もその意味がわからず、もらってくれませんでした。
なので「パパと一緒にたべる〜」と、持って帰ってきました。
これは作ってる時の次女。チンギスハーンじゃないよ。





試食係。