お問い合わせはこちら
info@photo524.com

カッターの思い出。

先日、お仕事で仙台へ行きました。

それは忙しくて、朝一番の飛行機に乗って、最終の飛行機で帰って来たんですが

カメラや機材も持っていくし、PCも一応持って行ったり、なんか色々荷物が多くなってしまったんですね。

大変だったんで、これからはもっと荷物を減らそうと思いました。
あと、まだ何回か行く予定なんです。

で、いつも持ち歩いているペンケースがありまして、お気に入りの。
それはどこかの手作り作家さんのハンドメイドなんですが、カメラの刺繍なんですね。

DSC_9229
ここにはいろんなものを入れているんですが、
私は商品撮影するときに、結構カッターナイフを使うので、ちょっとお高い目のカッターナイフを入れてたんです。

子どもたちもそれを知っていて、やっぱり文房具でちょっといいものって
子どももすぐ使いたがる。

今日それを使おうと思ったら、「ない!」

そうだ、飛行機に乗るときうっかりそれを入れたままだったので、
(行きはなんとも言われなかったんだけど)帰りに荷物検査で引っかかってしまいまして、没収されたんでした。

もっと時間があれば、預けられたんだと思うんですが、
帰りもお昼食べてなくて、牛タン定食を食べたら時間がギリギリで…

「もう没収しかない」って言われてしまって、やむなく了解したんです。
それを次女に話しましたら、号泣しましてね。

取り上げて、そのカッターをどうするつもりだ!って散々怒った上に
「だからって取り上げんでもいいやんか〜」って言って泣くんですよ。

そんなにあのカッターのこと好きだったのか〜と思ったら笑えてきて。
でも本人いたって真面目に泣いてくれるんですよ。

しかもその晩は泣きながら寝ました。

で翌日、長女にもその話をするときもまた半泣きで。

それを聞いた長女も怒り心頭で、泣いて怒りましてね。

私も確かにあのカッター好きだった…
残念ながら帰らぬカッターとなってしまいました。

今日、撮影のときに、やっぱりカッターが必要で、
でも「あ、ないんだった…」と思ったら、うっすら寂しくなりました。

今日は撮影の恩恵でマグロ丼が晩御飯。

DSC_9231

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です