青空を撮る時。

こんにちは、増田です。
年度末の忙しい時期ではありますが
二日連続Photomama体験会をしていまして、
初めての皆様とお話する機会をいただいています。
それなのに、声がガラガラ。
今私は、びっくりハスキーボイスなのです。
身体は元気なんだけど、別人のようで
電話をかけてきたひとが「間違えました」というくらいです。
ご迷惑おかけしております。
ちょっとバタバタしていたから、
疲れているのか回復が遅い気がします。
というのも、今週はじめは強行スケジュールながら
高知まで旅行してきました。
今日はそこで撮った写真をご紹介。
まずはこちら。





マリオジャンプをする夫。
足場が危ういので、恐る恐る飛んでます。
我が家は記念写真!カメラに向かって全員集合って
あまり撮らないですが、
大自然を前になぜかジャンプする夫シリーズはずっと撮ってます。
私に強制的に飛ばされているんですが…
並べて観ると面白いです。
で、次にこちら。





これはなんでもない風景なんですが、
青い空を綺麗に撮りたいというご質問が多いので
その参考の為に載せました。
これは午後に撮った写真なんです。
ほんのり赤みがあるのがわかりますか?
前の写真(夫ジャンプ)と比べてみて下さい。
夕方の光では赤い波長が伸びてくるので、
空も赤みを帯びます。
綺麗な青空を撮りたいときは、午前中の方がいいですよ!
もちろん赤みを帯びた空ってのも「黄昏」って感じがしますし
どっちがいいとかないんですが。
で、これはオマケ写真。





高知にもこんなに寒いところがあるんですね。
初めての雪山体験をする次女。
なんか、顔が「なにこれ!楽しい〜」って言ってます。
この後、「車に雪を積んで帰る!」と言って聞かない次女でした。
こんどはクーラーボックス持っていかなきゃ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です