お問い合わせはこちら
info@photo524.com

私の提案

こんにちは、増田です。
インフルエンザが流行っているみたいですね。
皆さんはお元気ですか?
さて、話は本題ですが、
世の中に写真に携わる人はたっくさんいまして
それだけ、写真は奥の深っか〜いものです。
で、インターネットや雑誌を開けば
撮影時のワンポイントアドバイスであったり、
新しいカメラの批評、検証などから、
ポイントを整理してくれているサイトもあり
私が言わなくったって、情報は溢れています。
だから私の提案って何かな?と思ったとき
それはママである私が撮る、育児と写真。
または、女性と写真。
生活や日常で楽しむ写真。
こういうことだろうと思うんです。
でママのためのフォトスクールPhoto♥mamaでも
また撮影をしているPHOTO524としても
愛おしい時間を、想いを写真にしたいと思っています。
で、もう一つ、これから始めることが
「日常生活に写真を」提案すること。
家族に写真を取り込んで楽しむ、
要はパパの意識を高めよう作戦です。
それが、Photo♥papa 
パパのための1day写真教室
〜ママと子どもを可愛く撮ろう!〜
という企画です。
ご家族で参加いただけるパパさん、是非お越し下さい。
カメラは一眼、コンパクトを問いません。
感性だ、センスだ、なんだかんだと言われれば
嫌になっちゃうパパもいらっしゃるかもしれませんが
いい写真を撮れば、必ずママは喜びます。
それにね、いい写真が撮れるとき、
キターっ!って瞬間は癖になりますよ。
写真に写るのが嫌いってパパは多いと思いますが
だったら、進んで撮る、撮るを楽しめば
結果、みんな喜ぶことになります。
私の夫も知り合うまでは写真にはまったく興味がなく
昔の写真を見ると、見事にモニュメントの前で
渋々写っている、しかも直立不動で。
という写真を見て衝撃をうけました。
今では、レンズを向けられると何かをせずにいられない
人間へと変身しましたよ。
撮るのも撮られるのも楽しんでいます。
だって、ただボーっと写ったって後から観て楽しくないもん。





30も後半の夫=レベル小3
人生はどのみち楽しんだ方が勝ちで
死に際に考えるのは楽しい想い出だけだと思っています。
(話が壮大になりましたが)
だからカメラというツールで人生に楽しみを増やすこと
オススメしていきますよ。
日程は2月25日(土)
午前中です。
申込み方法や詳細は追って記載します。

2件のコメント - コメントする
  • 中井です -

    SECRET: 0
    PASS:
    いつもphotomamaでお世話になってますm(__)mぜひphotopapaにパパを参加させたいです☆☆☆詳細楽しみにしてます(^-^)/

  • photomama -

    SECRET: 0
    PASS:
    中井さん、ありがとうございます。
    そういってくださって嬉しいです。
    是非お越しくださいね。

  • コメントをする

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です