ブレッソンさん。

紫陽花の綺麗な季節です。

梅雨時期の代名詞。
明日は雨かもしれないと思って、洗濯焦ってしまいますけど
晴れてますやん。

で、これまでそんなに紫陽花に興味はなかったんですが
いろんな種類があって、とっても素敵ですね。歳かな〜???

植物園に行くとね。
カメラとカメラバックがリュックサックタイプで
三脚おっきいの持ってる団体さんを見かけますがね。

(じーっと見てると、
写真が好きな人とカメラが好きな人に分かれていて
面白いんですよね。)

で、色も微妙なものがあったりして、
紫陽花のアレンジメントもすっごくいい。

この、ガクアジサイと、

この、モリモリの従来タイプとありますが、

前者の方が、どーも色気があるな〜と思うのです。可憐。
とくにグラデーションがついてるやつね。
ちょっと探してこようかな…

花ってやっぱり色気あるよね。
特に紫陽花は水が滴ってるイメージだから?
話は変わりまして、ちょっと前のことになりますが、何秘館で開催された
「アンリ・カルティエ=ブレッソン」の写真展へ行きました。

この人は、20世紀写真史において外すことはできない、写真家集団・マグナムを結成した中の1人で、大きな影響を与えた人なんですね。

私のいた大学はこの方のコレクションで有名だったので、
いつもそこにいる、なんか隣のおじさんのような勝手にそんな気がしていました。

フォトジャーナリズムなんですけど、
ロバートキャパと違って、ブレッソンさんは(まー長い人生で世情もいろいろあったでしょうけど)今回の展示も、「現実」を「視点」でスマートに切り取ったって感じがします。

で、今回改めて、写真を見ました。

「見ることは目の楽しみであり、思考を休ませること。」

と、大きく垂れ下がっていました。

確かにそんな感じで「目の楽しみであること」を大事に思っているんだなーという印象。
写真もちょっとユーモアがあったり、切り取り方がスタイリッシュなんですよね。

でもね。
その背景には

「撮影とは

一瞬のうちに生まれ消えゆく出来事の本質を捉え、
秩序ある形に構成することであり

撮影とは認識することである。

私はあらゆる可能性が満ちた一瞬を捉えるために
写真を撮り続けてきたのである。」

って言っていて、

それって、出来事の大小ではないんだろうな〜と思ったんです。

一瞬のうちに生まれて消えゆく出来事。

これは、舞台がどこ、とか、関わっている人が誰?、とか。

大きくってすごいから、
どーのこーのってことではきっとないんだろうな〜と思うんです。

報道の在り方というかね。

もっと身近でもっと小さいことの積み重ねだってことが
写真からも感じとれたり。

すごい人の、些細なところを撮ってみたり。

視点が柔軟で、公正 fair なの。

そんなことを思った写真展でした。

ブレッソンさん自身が写った写真の展示コーナーもあって、
彼が撮った写真は知っていても彼自身のことは知らなかったので、それも新鮮でしたね。

ちょっと神経が細かそうにも見えるし、優しそうな感じの。
「普通の人やな〜」って感じでした。

そ、すごい人って案外、普通なのよね。

今度、京都文化博物展、マグナム・フォト するんですね。

写真の歴史を勉強するのも面白いですよねっ!I坂さん。