夏の思い出

これまで夏休みは始まり次第、
「キャンプだー!」とひと夏の間に何回もあちこちに行きました。

海と川と友達家族と…夏休みだけで4回くらいは行っていました。
春も出かけるし、子どもたちも西日本は、ほぼ制覇してるんだけど、( 佐賀はいつも素通り )
残念ながら覚えてない…
4年生は都道府県を覚えないといけないんだけど、とてもあやふやな次女。

ほら、鹿児島はさつま揚げ食べたでしょ!あそこだよ!と言ったら
「あああ~あれはチーズ味が美味しかったな~!」と、お味は思い出せるご様子。

これまで行ったのは、夏休みの宿題レポートを兼ねて施設見学を盛り込んだキャンプしてみたり、
海水浴に川遊び、四国の4県「祭り」を巡るキャンプ、花火大会キャンプ、食材を探しにわざわざ遠方まで、
広島では沖釣りに行ったり、山でアスレチック、枚挙にいとまがない。

そしていつ何時も温泉は外さない。

子どもたちが大きくなったら、こんなこと頻繁に出来ないと思っていたから。
長女が中学生になったら部活とか忙しくなって、一緒に行けなくなるから~と思っていたから、
行ける時には行けるだけ行くんだ!と、ずっと思ってきたんですね。

で、この春で長女は小学生最後だったので、長崎に行きました(それはキャンプちゃうけど車で)
春の九州旅行は長女が小学生になるその春からずっと攻め続けたので、
ラストは長崎、ゆっくり行きたい五島列島&軍艦島の旅。

昨日も「あの時食べた五島牛が美味しかった~」と長女が話していました。

結局、財産は「思い出」だと思うから。
そうは言っても、老後 2,000万なくて困るかもしれないけど…
やっぱり思い出たくさんある方が豊かなんだと思う。

昨年の夏キャンプは北陸、富山、石川でした。
これもまた「白えび」ってのが美味しくって、お寿司屋さんも行ったし、海も綺麗だった~。

和歌山も行った~。

行っても行っても足りない。
まだまだ行きたいところが湧き続ける、私。

でもね~、中学生になったら部活もあるから、今年からは今までみたいには行けないな~。
覚悟してたことだけど。ついにこの時が来た、と。

仕事もおかげさまで、定期的にいただくお仕事もあるし、まだまだ増やしていくつもりだから。

そうなると空いている時期に先に海行こうぜ!
夏休みもちょっとフライングってそんなことはもうできなくなり、
一番混んでるトップシーズンにしか行けない…

最近は気象問題も激しく、ゲリラ豪雨で川遊びも少し怖いし難しくなりつつあるけど、
今年はまだキャンプに行ってないので、子どもたちもストレスが溜まって仕方ない様子。

長女は部活は楽しいみたいだし、勉強も今までと違って忙しい(はずの)中学生。

でも、「私はまだ小学生だ!」と正しい主張をする次女。

これまでの夏の楽しさも忘れられないってので引きずっている様子。

もっとこう、キッパリハッキリ境界線があるのかと思ったら、
長女自身にもそんな境界、案外、ない。
もやっとしていて。
子どもはそれなりに戸惑ってもいる。

私だけが知っていたのか~とも思う。
私だけがここに境目がある、と覚悟していたのかも。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください